多様な言語を身に着ける意味

IT関連ビジネスにおいては多様なサービスが存在しており、これからも増えていくことだろう。利用者においてもスマートフォンの普及により、気軽にインターネットを楽しめるような環境も整ってきており、より需要は高まっているかもしれない。
この結果、将来的にもプログラミングスキルなどを有するエンジニアの需要は高くなる可能性があり、人による所もあるがプログラマなどはこれからより安定した働き方が実現できる可能性もある。

いかに需要が高まって将来性があったとしてもその状況に胡座をかいていては、安定した職の確保も危うくなる可能性もあるだろう。求められる人材になるためにも、スキルアップは必要なものの一つだ。
プログラマのスキルアップを検討する場合に良い選択肢の一つに、理解しているプログラミング言語の数なども検討すると良い場合があり、多様な言語を使いこなすことができれば人材としての使い勝手も良く、重宝される可能性もあるかもしれない。
もしもまだ習得していないプログラミング言語にscalaがあれば、習得しておいて損のない言語だ。よく知られているソーシャルネットワークサービスでも主要な言語として用いられている言語で、様々な企業においても重要な言語として指定していることもあるものだろう。
多様な言語を使いこなせることは人材としての価値を高めるが、使い勝手が良い人材だと仕事の忙しさも増してしまう可能性はある。しかし、より良い仕事に従事するためにも効率的に仕事を進めるためにも高いスキルは必須のため、有用な言語を知って習得していくことが需要だと言える。
そんな有用な言語のひとつであるscalaについてはこのサイトが参考になる→【今から始めるなら「Scala」でしょ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です