プログラマの役割

scalaのような開発言語を扱うプログラマの役割はプログラムを書くことが中心になるだろう。そのプログラムを書くという役割の中でも、いくつかのパターンに分類されている。
まず挙げられるのはゼロからプログラムを書き始めることだ。プログラムの開発を行う場合や製品を何もない状態から作り上げる際に行われる作業はゼロからのプログラムになる。
次に挙げられるのは修正や改善をメインに行う役割だろう。この修正や改善の場合には既存のプログラムを良いものへと改善することが1つの仕事としてある。そしてもう1つの仕事がプログラムが作動してから発見されたトラブルや不具合を修正することになるのである。他にもプログラミングを行う役割の中にはテスト用のプログラムを簡易化するための作業を行うことも挙げられるだろう。

これらの役割の共通点は明確な目的に向かって作業を進めていることだ。システムエンジニアが作成した書類を読んで内容を把握した上で必要な役割を選択しているため、目的を達成するまでの作業も行いやすくなっていることがプログラマにとってのメリットと言えるのである。
それぞれに決められた役割をこなした上で、より良いプログラミングを目指すためにはメンテナンスの精度を上げる努力を行うと良いだろう。新しく作り上げる際にも既存のプログラムを修正する際にも必要なものはメンテナンスになる。メンテナンスの精度を上げれば不具合の発生が少なくなるため、クライアントからの信頼度を上げられることにも繋がるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です