管理職を目指すためには

プログラマやwebデザイナーといった職種はIT技術職の中でも個人性が高く、プロジェクトチームを結成されるとリーダー格に抜擢されることの多いシステムエンジニアと比べて裏方といった印象が強いだろう。
しかし企業に属している場合、誰でも一定の成果をあげて認められれば管理職に就ける可能性はあるのだ。ただ仕事内容から決して目立つ職種ではなく、評価されるのが難しい可能性があり、なかなかに難しいケースであるのも確かである。

もっともIT技術職にとっては請け負った仕事の仕上がりが重要で、まずは評価につながるよう出来栄えを良くすることから始めてみるといいだろう。さらに効率性をあげるのも重要で、数も評価につながることから使い勝手の良いプログラム言語に切り替えるのも良いのである。
おすすめはscalaで、こちらはオブジェクト指向と関数型プログラミングの両方を行える特徴を持ち、さらにJavaにも対応している優れたプログラミング言語なのだ。その他にも探せば数多くあり、会社で指定されていなければ、自分に合った使いやすいものを選ぶのも有効な手段である。
裏方役のイメージがあるプログラマに管理職は無理だと諦める場合もあるが、誰にでも平等に機会はあり、ある意味でIT技術職はスキルや知識の成果が発揮されやすく、発揮されれば評価を受ける可能性もあるのだ。
ただ管理職は技術面だけではなくコミュニケーション能力も重要視され、そういった部分も磨いていく必要があるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です