営業や交渉で仕事を増やす

開発言語の中でもscalaを選択しているプログラマが仕事を探す方法はいくつか考えられる。
まずひとつ目は営業を行うことが挙げられる。営業を行うことで、まだ取引を行っていない企業にアピールするのである。この営業作戦が成功すれば新しい取引先が増えるため、得られる仕事も増えるということになる。
次に挙げられるのがクライアントとの交渉だ。クライアントと交渉を行う際に仕事量を増やしてもらう提案をすることや新たなビジネスを提案することで仕事を増やせる場合がある。しかし、この方法を行う場合には自社と取引先との信頼関係が築けていることや思い切った提案を受け入れてもらえるほどの実績を積み重ねておく必要があるだろう。
またクライアントとの交渉を行う社員の交渉術も優れていることが条件として挙げられる。

他に良い方法として挙げられるのは開発方法や開発言語の幅を広げることだ。新しい方法で開発を行うことで新しい製品やサービスが生まれやすい環境になるため、出来上がった製品やサービスを多くの企業へと宣伝できるチャンスも広がり、仕事を増やすことに繋がるのである。
また、今まで取り扱ってこなかった開発言語を使用することになるということは今までは挑戦しなかった分野への挑戦をすることでもあるため、企業にとっても社員にとってもプラスの効果を与えやすく、仕事に関する幅も広げることができるはずだ。こうした方法で仕事を探せば仕事量を増やせて実績や収益を上げることに繋がるのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です