面白さを知って仕事を楽しむために

プログラマの仕事内容はクライアントから受注を受けて、scalaなどのプログラミング言語を利用してプログラムを作成していくのだ。創造性があり、人の役に立つ、さらには技術進化にも関りやりがいがあると言えるだろう。
特徴としては個人のスキルや知識が重要視される、個人作業が多くなると言ったところで、こういった面から会社に属して働くだけではなく独立もしやすいのである。
そして今のIT業界は人手不足であり、外部のフリーランスを頼りにしているところもあり、独立しても仕事に困ることはないだろう。面白さを知れば仕事に対するやる気、モチベーションのアップにつながり、作業効率が良くなるのである。

ただ現状はフリーランスが求められていても今後は分からず、しっかりと準備をしておくことが必要なるだろう。プログラマに限らず、IT技術職というのは一度楽しさや面白さを知れば続けたいと考えていくものだと思うので、長く続けられる環境を作り出しておくのも必要になるのだ。
さらに作業効率を上げるためにプログラミング言語の選択も必要となり、scalaはオブジェクト指向言語と関数型言語の特徴を結合したマルチパラダイムで、さらにJavaにも対応していて使い勝手が良い。長く続けたい場合は、定年後にフリーランスとして活動してもいけるだろう。そのためには今から準備をしておくのが良く、そうすればこの先も働き続けることができる可能性を高めることができる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です